富山産業保健総合支援センターHOME > 相談のご案内

健康相談のご案内

1.窓口相談

 事業場の衛生管理者・労務担当者・産業看護職・産業医・その他企業で働く労働者を対象として、産業保健に関する様々な問題(メンタルヘルスを含む。)について、産業保健相談員が当センターでの窓口面談(要予約)又は電話、メール等による相談に応じます。
 
氏名欄に(面談)がある相談員については、窓口面談による相談のみが可能な相談員です。
日程変更の可能性がありますので、あらかじめ、当センターにお問い合わせください。

 

⇒産業保健相談員への相談様式はコチラ【PDF】

2.個別訪問支援等

 事業場への個別訪問支援には、①産業保健相談員による専門的実地相談と②メンタルヘルス対策促進員によるメンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援があります。

①産業保健相談員による専門的実地相談
 作業環境管理、作業管理等について、事業場の具体的な状況に応じた専門的な支援が必要な場合に、産業保健相談員が事業場を訪問し、産業保健スタッフ等(労働衛生コンサルタント、作業環境測定士)から相談に直接対応し、必要な助言を行います。

②メンタルヘルス対策促進員によるメンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援
 中小規模事業場のメンタルヘルス対策を普及促進するため、メンタルヘルス対策の導入に係る支援を希望する事業場に対し、メンタルヘルス対策促進員が事業場のメンタルヘルス対策の導入に関する取組について以下の支援を行います。
 (1) 衛生委員会にかかる支援
 (2) 事業場における実態の把握にかかる支援
 (3) 「心の健康づくり計画」の策定にかかる支援
 (4) メンタルヘルス対策のための事業場内体制の整備かかる支援
 (5) 職場環境等の把握と改善にかかる支援
 (6) メンタルヘルス不調者の早期発見と適切な対応にかかる支援
 (7) 職場復帰にかかる支援 (職場復帰支援プログラムの作成支援を除く)
 (8) 職場復帰支援プログラムの作成支援
 (9) 教育研修の実施にかかる支援 (管理監督者向けメンタルヘルス教育の実施を除く)
 (10) ストレスチェック制度導入に関する支援
 (11) 管理監督者向けメンタルヘルス教育の実施(ストレスチェックに係る教育を含む)
 (12) 若年労働者向けメンタルヘルス教育の実施(H28新規)

③治療と職業生活の両立について、両立支援促進員が事業場に訪問するなどにより支援します。
 (1) 制度導入の支援
 (2) 事業者と社員間の仕事と治療の両立調整支援
 (3) 管理監督者、社員等を対象とした教育
 (4) 両立支援プラン、職場復帰支援プランの助言・支援

3.産業保健相談員・メンタルヘルス対策促進員・両立支援促進員紹介

ページの先頭へ戻る